« 着付けレッスン | トップページ | 撮影日和(^-^)/ »

阿波藍

今回のコレクションでは徳島の特産「阿波藍」を使った数々の作品も出展されました。またデザイナーズコレクションらしく、それぞれのコンセプトの元、染料としての阿波藍を色んなファッションに応用していました。

透明感のある素材やパッチワークの要素を取り入れたデザイン。


モデル:陽富晶子


モデル:米田優子

もちろん足袋にも阿波藍が使われています。


モデル:誰?(笑)

フランスの蚤の市に出ていた19世紀前後のペチコートをリメイクした作品だそうです。


モデル:青木成実

浴衣です。涼しそうですね~。


モデル:川端秀美(左)、井川櫻子(右)

帯は自分で簡単に着られるようリボン結びになっています。

透ける薄絹を藍で染めた作品。


モデル:田村真理子

絞り染めという伝統的な技術を今風にアレンジしたドレス。


モデル:西村寿々代

藍染めと草木染めで染めた面とウールの糸で編んだ作品だそうです。
手間がかかってます。


モデル:加藤健太

「藍染めを若い人にも着てもらいたい。」という思いをデザインした作品。


モデル:小倉雪乃

迫力ある柄などヨーロッパの生地では出せず、パリでもとても評判が良いのだそうです。


モデル:宇山百合絵

そして最後は江戸時代から伝わる天然灰汁発酵建てによる本藍染めで染め上げた花嫁衣装を、バレエの衣装にリメイクした作品。あすなろバレエスタジオとのコラボでした。


阿波藍の作品の数々、いかがだったでしょうか。
こちらのセッションの冒頭には、飯泉嘉門徳島県知事のビデオレターによる出演協力もいただいて、官民一体で地場産業を熱く盛り上げていく内容になっていたのではないでしょうか。

|

« 着付けレッスン | トップページ | 撮影日和(^-^)/ »

レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218303/31244404

この記事へのトラックバック一覧です: 阿波藍:

« 着付けレッスン | トップページ | 撮影日和(^-^)/ »