« お百度さん並…(・_・;) | トップページ | シンデレラと運命の場所へ »

ここから始まった数々の感動物語

アン・モデルエージェントの青江デス(`o´)

今日は、

スタッフさんも、

モデルさんも、

私も、

多分みんな、

4時か5時起き(^-^;

ちなみに、

私は、

4時半に起きましたよ~(゜∀゜;ノ)ノ)

だから、

朝ご飯は、

6時(泣)

でも、

あまあま(笑)

&栄養補給も忘れていませんよ~(笑)

今日は、

あるファッションショーの会場に、ほぼ半日おじゃましました。

6時半集合~8時、リハーサル開始で、ショーは3ステージ。

徳島のショー文化を築いてきた…、

といっても過言ではない、クライアントさん主催です。

実は、

このクライアントさんが、

徳島で最初に、大規模なファッションショーをした時、

私は、

和装モデルとして出演させてもらってました。

郷土文化会館でした。

花火の刺繍がビーズで散りばめられたグリーンの着物に、ボブのウィッグに、スパッツにハイヒールを履いていた。。

23年前の私です。。

ハイヒールを除けば、今の衣装とあまり変わらない気もしますが(笑)

もちろん、私も若かったですし(笑)

ただ、

私も、ひょこひょこ歩いてたくせに、

「ひょこひょこ歩くな~」とモデル達にダメ出ししてる、今の自分が、ちょっと恥ずかしくなりました。。(^。^;)

その時のことを覚えてくださってるスタッフの方が3人も、まだ働いていらっしゃいました。

着物シーンに出るモデル達を見送りながら、

あの頃の感動を、

再び(笑)、

スタッフさん達と話せてうれしかったです。

今日のショーには、

20人のモデルさんを出演させていただいていました。

その中に、

中学生のモデルさんがいました。

実は、

彼女のお父さんとお母さんは、

初代アンモデルエージェントのモデルさんでした。

しかも、

そのふたりが、

最初に出演させていただいたのも。

こちらのクライアントさんのショーでした。

徳島で、

ブライダルモデルの先駆けとなってくれて長期に渡り活躍してくれて、

たくさんの後輩達を育ててくれた、おふたり。

その、新郎&新婦役のふたりのモデルは、

やがて、、

本当の新郎新婦になりました(*^o^*)

会場で、

愛娘を、優しく見ていたおふたりは、

感慨深い思いを抱いていたに違いないでしょうね。。

ふたつの時代をありがとう。。

そして、

もう一人、

彼女が歩くだけで、

涙が込み上げる…、

そんなモデルさんがいます。

彼女は、

12歳でアンモデルエージェントに入りました。

170センチの身長と大人びた顔立ちをしていたこともあり、

小学生ですが、

ショーモデルとしての道へ進みました。

彼女が、最初にお世話になったのも、こちらのクライアントさんでした。

その時は気付いてあげられなかった、、

彼女が背伸びをしてくれていたこと、

大人の都合に、“ノー”と言うことも出来ず我慢していたこと、

大人っぽいから、大人扱いを、当たり前にしてしまっていたこと。。

無理矢理、東京にも連れて行った、

オファーは全て受けさせていた。。

そして、

今、

彼女は20歳。

20歳でもキャリアは長い。

9年の間に、

ホントに、

ホントに、

いろいろな事が、ありました。。

モデルをしている時は、

楽しさや喜び、やり甲斐を感じてくれてるのかな?、

きっとそうだから、

何も言わないで続けてくれてると、

私は、

彼女の歩く姿を見るといつも思う。

だから、

彼女のモデリングからは、

いろんな想いが伝わる。

その9年間を思うと、

最後のシーンの曲にも影響され(笑)私は、泣きました(笑)

彼女だけでなく、

今日は、

ひとりひとりのモデルの、

それぞれの思い出を考えてました。

初めて会った時、

初めての仕事、

初めての涙、

初めての感動、、

それぞれのモデルにそれぞれの物語がありますから。

半日もおじゃましまさせていただいたおかげで、

そんな貴重な時間を過ごせました。

と、

同時に、

また新しい物語が始まる、、

そんな素晴らしい仕事に感謝したいと思います。。

そして、

そんな感動の物語を作り続けてくださっている、

こちらのクライアントさんに感動です。

|

« お百度さん並…(・_・;) | トップページ | シンデレラと運命の場所へ »

Aoe's Talk」カテゴリの記事

コメント

こばし~2度目の登場?ありがとうございますm(_ _)m

例の番組です↓
http://www.ustream.tv/recorded/7221214
1時間29分ぐらいからが例のコーナーです。

ご検討ヨロシクお願いしますヽ(´▽`)/

投稿: こばし~ | 2010年7月11日 (日) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1218303/35709076

この記事へのトラックバック一覧です: ここから始まった数々の感動物語:

« お百度さん並…(・_・;) | トップページ | シンデレラと運命の場所へ »