« “かっぽうぎ”の魅力。 | トップページ | 阿南→小松島→また阿南。 »

“なんばファッションフェスタ”

アンモデルエージェントの青江デス。

ということで、

慣れたいのに、
いつまでたっても慣れない、

地下鉄。。

Ts3w49020001

からのスタート♪

本日は、

なんばファッションフェスタに大潜入( ̄∀ ̄)

Ts3w49050001

友人とも、

地下鉄、
御堂筋線でお別れし、

Ts3w49030001

→主婦はさすが?

まずは、
なんばシティです★

Ts3w49040001

→ステージまわり、仕込みしてます♪

ここで、

弊社しもまねと合流~♪

の前に、

王道カフェで、
腹ごしらえ!(笑)

Ts3w49070001

王道喫茶店か?(笑)

“英國屋”の、
サンドイッチは、
抜群ですね~(^_^)v

Ts3w49060001

&、
珈琲、おかわり自由、
につき、
無理しても、
三杯は飲んだりして、
得した気分になるけど、
お腹痛くなる(辛)

悲しい性です(笑)

さすが、関西人なしもまね!

大阪にはお詳しいから、ここからは安心です( ̄∀ ̄)

特等席で、
道端アンジェリカさんや、

関西美人時計の皆さん、

もちろん、
ファッションショーのモデルさんに、

かぶりつき席です(笑)

Ts3w49080001

この、

なんばファッションフェスタは、

明日の関西コレクションの、
コラボ企画で、

なんばシティ→高島屋大阪店→なんばバークスを、

時間差で、

有名モデルさんのトークショーと、

美人時計の皆さんの撮影会、

各ブランドのファッションショーの三本立てで、

巡回し、

なんば、
いや、
関西のファッションシーンを、

盛り上げる、
最大級のファッションイベントです★

ということで、

Ts3w49090002 

フィッターさんに同行、

なんばシティの次は、

高島屋大阪店のステージに、

大移動です★

Ts3w49110001

こちらのゲストは、
佐藤かよさんでした(^_^)v

せっかく、
高島屋来たから、

話題になってる、

メンズ館に、
立ち寄りました♪

Ts3w49100001

→徳島にも、メンズ館が出来たら、確実に仕事が増える!とおっしゃるしもまね(笑)

→ないから言えるよね~(謝)

ラストは、

なんばバークスです★

Ts3w49120001

昔、あったっけ?こんなイベント広場?というぐらい、

&、

こんなイベント広場、
徳島にあったらいいな!

って会場です!

Ts3w49130001

→会場あっても、人がおらんか(汗)

羨ましがるのは、
あとにして、

会場が一番大きいから、

ショーも、
フロアーではなく、

屋外ステージです★

Ts3w49140001

今日一番の、
いい顔してた、
10人のモデル達。

中学生からベテランで構成されてるモデル達。
→こんなとこはよく似とるかな?

1日見てると、

モデル達の、

想いや、

微妙な気持ちの移り変わりが、

ちょっとだけ、
わかるようでしたo(^-^)o

ラストステージ、

なんばバークスのゲストモデルは、

夏川純さんでした!

小さい体からでも、
迫力は、
出るんですよね。

人は、
見た目じゃないし、
ある意味では、
見た目です。

ファッション、
人、

場所、

それらのコラボが、

違うだけで、

同じモデルが、

同じショーが違って見える。

観客にもなれたり、

関係者にもなれたような、

超貴重な経験となりました!(^^)!

いくつになっても、

新しいことに触れて、

いろんな見方をすることは、

何よりです★★★
→星三つ!(笑)

自社のショーシーンに活用させていただきます!(^^)!

ん、、
せっかくの大阪なんで、

フロアーショー用の、
靴探しもしないといけないし、、

って、
言い訳で、

H&Mだけいい?(笑)

Ts3w49150001

結構、ミーハーです!はい(笑)

流行りは、

最上階から要チェック。

ふむふむなるほど。。

→自己満足(笑)

Ts3w49160001

結局、

靴は見つかりませんでしたけど、

ファッション、
人、
場所、

しっかり、
見て来ました♪

ってことで、

自分に納得(笑)

Ts3w49170001

結局、

自分か?(笑)

また近いうちに、

なんば、
に来たいと思います!(^^)!

ではでは、
台風の前に、

一足お先に、

失礼しま~す(笑)

|

« “かっぽうぎ”の魅力。 | トップページ | 阿南→小松島→また阿南。 »

Aoe's Talk」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “かっぽうぎ”の魅力。 | トップページ | 阿南→小松島→また阿南。 »